{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

みんなで飲んだらとても美味しかった赤松樹皮のお茶(乾燥した赤松樹皮の内皮)85g

2,500円

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー4件

送料についてはこちら

【商品内容】みんなで飲んだらとても美味しかった赤松樹皮のお茶(乾燥した赤松樹皮の内皮))85g 赤松の樹皮(外側の茶色い部分)を除き、内側の内皮の部分を採取し、乾燥させています。 赤々餅にも使用されている樹皮の白い皮の部分です。 【松樹皮の歴史】 赤松樹皮に関しては、お城の周りに植えられている松は兵糧攻めに備えての非常食でありました。現在は、秋田の由利本荘市鳥海地区で作られている郷土菓子「松皮餅」が松皮を食す歴史を繋いでおられます。 また、ピクノジェノールで知られるフランスの海岸松の松樹皮エキス、ニュージーランドのラジエーターパインなどでも樹皮は活用されています。 こちらは40年前から研究され、活性酸素を除去するのに役立つフラボノイドやポリフェノールが豊富なサプリとして人気があります。 16世紀にカナダを侵略しようと試みたフランス人が先住民から勧められた松樹皮と松葉のエキスでビタミンC不足で起きる壊血病の緩和に役立ったと記録があります。 きこりの経験談として、奥山の伐採で赤松を伐った後(伐採は主に食糧のない冬)、横たわった赤松の丸太に鹿たちが来て、赤松の皮をきれいに食べてしまい驚いたという話も実際にあります。 そんな話をひっくるめて、きこりの仲間で赤松の樹皮をお茶にして飲んでみたところ、紅茶のような色になり、松の香りを含みながらもとても飲みやすいと感想でした。 信州伊那の赤松の樹皮の成分に関してのデータはまだありませんが、台湾赤松(バビショウ)にはOPC(オリゴメトリックプロアントシアニジン)という強い抗酸化性を持つ成分が報告されています。 信州伊那の赤松の成分分析も期待されます。 【使用方法】 樹皮5gを500〜1000mlのお水に入れ沸騰したら火を止めてしばらくおきます。 または、保温ポットに樹皮を入れて沸騰したお湯を注いでしばらくおくと、綺麗な紅茶のようなお茶になります。 このお茶でご飯を炊くとピンク色のご飯が炊きあがります。 お料理の出汁や隠し味にもお使いください。 【注意】妊娠されている方、授乳中の方、重度の疾患などでお薬を処方されている方はかかりつけの医師に相談するか、お控えください。 【松樹皮の成分】 主な有効成分はプロアントシアニジン、フェノール酸、カテキン。 【発送】クリックポスト便で発送致します。発送までに1週間ほどお時間を頂くこともあります。

セール中のアイテム